ヒストリー・オブ・バイオレンス(映画)

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
きょうの気になる映画は『ヒストリー・オブ・バイオレンス』
・・・愛は過去の暴力を超えることができるのか?
あなたは相手のすべてを知っても受け入れる自身がありますか?
監督:デイヴィッド・クローネンバーグ
主演:ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ

ヴィゴ・モーテンセン&マリア・ベロ来日決定
2月22日来日!! 24日ジャパンプレミア開催!!
記者会見レポーター募集中!!
2006年3月11日(土)より 東劇 他 全国ロードショー

Story
アメリカの片田舎でダイナーを営むトム・ストール(ヴィゴ・モーテンセン)と弁護士のエディ(マリア・ヴェロ)は子供たちと静かに幸せな生活を送っていた。 しかし、ある日夫のトムの経営するダイナーに強盗が押し入ったことからすべてが一変する。従業員や客を守るために、正当防衛で強盗を殺したトムは一 躍メディアからヒーローに祭り上げられる。また、すぐに元の静かな生活に戻れると考えていたトムだったが、その数日後、彼の経営するダイナーにフォガ ティ(エド・ハリス)と名乗る目のえぐれた男が訪れるのだった…、トムのことを、まるで昔から知っているかのような口ぶりで『ジョーイ』と呼んで。彼はその後も執拗に付きまとい、エディは不安にかられる。 そして、ある日エディに『俺は奴を知っている。なぜ、あんなにも人を殺すのがうまいのか、ジョーイに聞いてみろ』と言い放つ。信頼と不安の間で揺れ始めるエディ…『あなたは私が愛した トムではないの?あなたは本当に今まで何人もの人を殺してきたの?』 家族への危機が迫ったとき、幸せな生活は序々に壊れ始めていく…。
この家族は、平穏な暮らしを取り戻せるのでしょうか。気になります。

詳しくは、公式ホームページ(http://www.hov.jp/)をご覧ください。

記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]
関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。