リブセンス 村上太一 社長

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
リブセンスの村上太一社長が東京証券取引所に上場した史上最年少記録を更新。

リブセンスの村上太一社長が社長になろうと思ったのは、
学級委員を経験した小学生のとき。

高校時代に簿記などの資格をとって起業準備。

早稲田大学1年生の19歳のときにリブセンスを設立し、
アルバイト求人サイト「ジョブセンス」を立ち上げる。

ウェブ求人広告の世界に「成功報酬型モデル」を導入。

同じシステムで不動産や中古車のサイトを展開。

「趣味は仕事」

冷蔵庫なしのワンルームマンションに住む。

アンドロイドアプリの企画開発をビジネスにしようとしている
若い人たちが多いからリブセンスの村上太一社長のような存在は、
刺激になるでしょうね。

そういう若い世代を支援するために
高校、大学でも起業家教育を充実させたほうがいいかも。

>>起業入門を楽天ブックスで探す
関連記事

関連タグ : リブセンス, 村上太一, 社長, 起業,

Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。