新型インフルエンザ流行で輸血用血液不足に

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
この冬に新型インフルエンザが大流行した場合、
輸血用血液が不足することが
日本赤十字の試算で明らかになったようです。

新型インフルエンザが流行して、
献血が20%減少する状態が3ヶ月続くと、
輸血用血液の在庫は、4週目で半分に
5週目で底をつくとのこと。

そのため、
緊急性のない手術の延期なども必要になるそうです。

企業での集団献血なども考えていかないとならないようです。

いろいろなところに影響がでてきますね。

妊婦さんが安心して出産できる対応を取らなければなりません。


■送料無料■シャープ加湿空気清浄機 KC-C100 24畳対応)■加湿+除菌イオンでカーテンなどに染...
関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。