テレホンバンキング

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
きのうJ銀行の口座開設手続きが完了したので、確認を兼ねてテレホンバンキングを利用してみました。
普段テレホンバンキングなんて利用しないんだけど、 暗証番号を確認しておこうと思って使ってみました。
何かきのうの手続きのとき直前になって番号を変えたような気がして。
音声案内も特段変わったことも無く、いよいよ暗証番号の入力。
やっぱり事前に控えておいた番号と違う番号を登録していた。
ATMの前だと焦ったかも知れないけれど、落ち着いて記憶をたどり再入力。
そして次の瞬間それは起こったのです。
「お客様の確認ができました!」
それまで冷静だった自動音声の女性の声が1オクターブほど高くなり手を取り合って喜ぶくらいの勢いで。
こちらも「やればできる」と小さな達成感。
しかし、自動音声さんを失望させてしまいました。
残高照会をすると・・・
「ゼロ・・・円です。」
”ゼロ”と言ったあと?マークが3つつくくらいの間があって、”円です”と聞き取れるかどうかという弱々しい声でフェードアウトしていくんです。
この後3000円入金し、もう一度テレホンバンキングにかけてみました。
同じでした。
3000円くらいの残高では喜んでくれないみたいです。
陣内智則さんの一人コントのようにツッコミを入れたくなるような出来事でした。
関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。