和田中「夜スペ」

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
これはダメでしょう。
既存の公立中学ではやってはいけないやりかたのように感じます。
・一部の成績優秀生徒だけ。
・月額1万8000~2万4000円の費用
・親がボランティアで夜食?
(ボランティアかどうかはわかりませんが、NHKニュースでは、保護者が作った夜食をいっしょに食べながら云々かんぬんいってました)
金銭的な問題だけでなく、保護者の献身的な奉仕も要求されます。
人間関係がめちゃくちゃ悪くなりそうです。
○○ちゃんのお母さんは全然協力しないとか、保護者の中で派閥ができて仲間はずれにされたりしてね。
もともと保護者の特定グループと校長が結託したとも考えられなくもないけど。

一部の生徒だけということに対してこの校長は、成績の悪い生徒には別の補習をしているから大丈夫とかいってるみたい。

生徒の学力に応じて指導することはいいと思うけど、公立中学のやり方としては疑問を感じるなぁ。
補習を受けたい生徒が、親の協力や経済力に関係なく、自分のレベルに応じた授業、補習を自分の意思で受けられるのならいいんだけどね。

これは、生徒に対する特効薬ではなくて、今いる中学校の先生に対する劇薬攻撃だろうね。

Yahoo!ニュース
特効薬か劇薬か 和田中「夜スペ」スタート
1月26日22時11分配信 産経新聞
 東京都杉並区立和田中学校で進学塾講師による有料授業「夜スペシャル(夜スペ)」が26日、スタートした。自治体などが費用を負担、塾講師が補習などを行う事例は各地で増えているが、成績上位層を対象にした有料授業に都教育委員会からいったん待ったがかかり延期されていた。「ゆとり教育」の失敗で塾に頼らざるを得ない公立校。塾の刺激は学校教育を変える“特効薬”になるか“劇薬”か。
関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。