高砂親方は生きて帰ってこれるのか

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
とうとう帰りましたね。
帰ってくるんでしょうか?
自然廃業のような気もします。
高砂親方も逃亡、消息不明になったりして。
残された高砂部屋の力士はどうしてるんでしょうか。
高砂部屋も解散?
別の親方に首をすげ替えられるんでしょうか?
朝青龍、足取り堂々帰国 「帰ってきて」ファンの叫びも
無理もない。針のむしろだった緊急理事会は「全員一致」どころか異論が噴出。最後は「モンゴルに帰し、あとは師匠が責任を取ると自分の口から言え」と声が飛び、「何かあったら責任を取ります」と言わされた。

 北の湖理事長も朝青龍の出入国時の航空券まで「師匠が手配しろ」と細かい指示を飛ばし、理事会終了後には「治療以外の目的で公の場や繁華街に出ることは許さない。その時の処罰はそれなりのものを考える。師匠が全責任を負うことになっている」とコメントした。つまり相撲協会は、朝青龍問題を高砂親方に丸投げしたのだ。モンゴルで何かあれば、こんどは高砂親方が処分対象となる。いわば協会に強制心中を強いられたようなものだ。
高砂親方と朝青龍の不仲は02年7月、モンゴル人初の大関となった際に表面化した。昇進時のご祝儀の取り分で相当なバトルがあったらしい。相撲界では、弟子のご祝儀も親方の懐へ-が慣例となっていた。

 これに不満を持った朝青龍は師匠を信頼できなくなったというのだ。これをきっかけに、6年間も高砂親方と朝青龍ファミリーの冷戦は継続中。金の切れ目が縁の切れ目だけは、世界共通の格言だった。

腰痛治療のポイント
関連記事

関連タグ : 大相撲, 朝青龍, モンゴル,

Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。