オトコの(利用)価値

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
実用水準と言われても、その過程が恐ろしいですね。
正常なメス同士でも恐ろしいのに、「特定の遺伝子が欠損した雌マウスを生み出し」ってところがスゴク引っかかります。
これは優性な遺伝子をもつ雌のクローンを作るために、単なる製造部品用の雌を先に製造するということでしょうか。
これはダメでしょ。
「卵子だけから子」実用水準に…3割成功
東京農大チーム、マウス遺伝子操作
 精子と卵子を結合させる通常の受精とは違い、雄の関与なく卵子だけからマウスを高い確率で誕生させることに東京農業大の河野友宏教授らのチームが成功し、米科学誌ネイチャー・バイオテクノロジーの電子版に20日、発表した。河野教授らは平成16年、世界で初めて卵子だけからマウスを誕生させたと発表したが、正常な成体まで成長する割合は0・5%だった。今回は遺伝子操作技術を改良することで、成功率を体外受精並みの約30%にまで高めており、実用的な水準とみられる。

理論的には人間にも応用でき、クローン技術と同じく、女性が一人で子供を産むことができる。河野教授らは人間への応用に反対する姿勢を示し、国内では厚生労働、文部科学両省が指針で人間の生殖細胞の遺伝的改変を禁じているが、国際的にはクローン人間の場合と同様に、規制策の検討が必要になりそうだ。

河野教授らは7番と12番の染色体にあるこの特定遺伝子や関連領域が欠損した雌マウスを生み出し、その未熟な卵母細胞(卵子のもと)を、別の成熟した卵母細胞に移植して胚(はい)を作成。仮親の母胎に入れて子として誕生させ、成長過程を調べた。

カナダ旅行ガイド
関連記事

関連タグ : クローン,

Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。