WindowsDefender|Windows防御ツールの起動エラーと解決方法

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
昨年末からPC起動の度に毎回発生していたWindowsDefender(Windows防御ツール)のエラーをやっと解決しました。

面倒だから放置してたんですが、流石にこのままじゃまずいかなっと。

エラーメッセージ:
「アプリケーションの初期化に失敗しました。0x80016ba問題が発生し、Windows防御ツールサービスが停止しました。サービスを開始するには、コンピュータを再起動するか、または手動で開始する方法をヘルプとサポートで検索するかしてください」

メッセージのとおりにコンピュータの再起動や手動起動では解決せず、同じエラーメッセージが表示されるだけです。

解決方法:
[コントロールパネル]の[プログラムの追加と削除]で『Windows防御ツール』を削除(アンインストール)し、Microsoftの『WindowsDefenderホーム』から最新版のWindowsDefenderをダウンロードし、インストールすれば解決します。

解決までのちょっとした道のり:
はじめは「WindowsDefender 起動エラー」でググってたんですが、これではも、それらしき情報にたどりつけません。
「WindowsDender アプリケーションの初期化に失敗」や「Windows防御ツール アプリケーションの初期化に失敗」というキーワードでググると【教えて!goo】や【Yahoo!知恵袋】での質問と回答が引っかかります。
マイクロソフトの正式発表はないようですが、ベータ版?の使用期限が昨年末に来ていたようで、それ以降、起動時にマイクロソフトに通信するところでエラーになっているということらしいです。

▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン
関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。