【ファンキー通信】コンビニ弁当ってどうなの!?(暮らし)

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
最近は、コンビニ弁当を買わなくなったなぁ。

せいぜい、パンかおにぎりかカップめんくらいかな。

弁当の付け合せに入っているチンして温かくなったポテトサラダとレタスが懐かしい。

livedoor ニュース
【ファンキー通信】コンビニ弁当ってどうなの!?
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2838852/detail

食の安全性や危険性を分析する農民連食品分析センターの所長である石黒さんに話を伺ってみた。

 「コンビニ弁当に入っているシイタケ、レンコン、にんじん、サトイモなどの野菜は中国から輸入されています。こういった野菜には多くの農薬や添加物が使われているのですが、収穫されてもしっかりと洗われてはいません。というのも中国は日本に比べて水資源が少ないため、野菜の洗浄に何度も同じ水を使っているのです」(石黒さん)



「輸入された塩蔵野菜は横浜港などに何年も置かれています。実際にその現場に行ったことがありますが、大量に置かれていることもあってか臭くて近づけませんでしたね。中にはカビが生えたものもありますが、漬物工場で漂白、着色、脱塩などをすれば食べられる漬物に生まれ変わるのです・・・」(同)



港に放置された塩蔵野菜といえば、10年くらい前サンプロとかの報道番組で盛んに取り上げられていたと思うが、今も変わらないのか。

当時の記憶では、長期間港に放置された中国の山菜の塩漬けをどっかの町で地元特産の山菜として売り出しているっていう内容だった。

そういえば、梅も中国から輸入し、日本で加工して、日本ブランドの梅として売っていたな。

それ以来、山菜は日本産の旬のもの。

スーパーに中国産の野菜が並んでいても買わない。

できるだけ地元の食材を買うようにしている。

スーパーを信用するしかないのだが・・・。

それにしても残留農薬問題やら黄砂やら中国の環境リスクの影響は大きい。

北京オリンピックで長期滞在する選手団や応援団の健康は守られるんだろうか。

風向きや潮の流れを逆向きにしたい感じだ。

ブログランキング
関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。