bitacle.orgに記事を盗まれた?(インターネット)

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
当サイトはbitacle.orgと一切関係ありません!!

前の記事『洗車しました。(暮らし)』がbitacle.orgからトラックバックを受けました。
Bitacle Blog Search Archive - 洗車しました。(暮らし)
TBをたどってみると、このブログの記事を丸ごと持って行かれたような感じです。

bitacle.orgでググってみると、bitacle.orgについて書かれている情報は、まだ少なくて、TBを受けたサイトがずらずらと表示されます。

今のところ一番詳しいのが人力検索はてなの
bitacle.orgって、何ですか。」
http://q.hatena.ne.jp/1158816484

スペイン人が開設しているサイトのようで、海外では戦っている人もいるようです。
日本語のブログのアーカイブが目立ってきたのは最近のようです。
勝手にミラーサイトのようなものをポンポン立てられるとgoogleの検索エンジンとかからスパムサイト扱いされないのでしょうか。
嫌な感じです。
全く同じ形ならまだしも、記事本文中やその外に記事に連動したGoogle AdSenseで広告を表示し、収益を得ようとしています。
ますます嫌な感じ。

これもロングテール戦略なのか。

嫌な感じだけど、ちょっとヒントになったりもします。
bitacle.orgにアーカイブされた記事をいくつか見てみると、Googleの日本語の広告だったり、中国Google?の英語広告だったり。
外国人が日本語のサイトをどれだけ見てくれるか分からないけれど、Googleが勝手に翻訳、解釈して見ている人の国の言語、商品で広告を出してくれたりしたら、世界を相手にしたロングテール戦略も現実的になってきます。
日本だけの尻尾じゃ短いですからね。
Googleがやろうとしていることがリアルに感じられました。
そして、世界に繋がっていることも。

でも、嫌な感じ。

▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン
関連記事

関連タグ : bitacle.org,

Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。