リベンジ転職(暮らし)

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
新卒採用も低調なまま終わりました。
あとは公務員試験不合格組みに僅かな期待をするのみです。
といっても、採用担当じゃないんですけどね。

新卒組みだけでなく、今年はリベンジ転職に燃えてる人も多いのではないでしょうか。
ハローワークでの求職者もリストラ組みからリベンジ組みに変わってきているようです。

転職組みが一番苦労するのは、如何に面談までこぎ着けるかです。
求人側も全ての求職者と面談することはできないので、限られた情報の中で事前に選別しなければなりません。
求職者も一部の情報で判断しなければなりません。
ミスマッチが起こるのも当然といえます。
特に採用条件ギリギリかオーバーしている場合は特にですね。
このような問題を吸収して解決してくれるのが人材紹介会社です。
また、一般には公開していない会社に転職できる可能性もあります。

では、どのような人材紹介会社を選べばいいのか。
ワーカーとして働くのであれば、どんな会社、組織を経由して転職しても大差ないかもしれませんが、 リベンジ、自己実現、年収アップを目指すのであれば、専門のコンサルタントがサポートしてくれる会社を選ぶべきです。
小太郎もいろんな派遣会社や転職サービスを利用してきましたが、専門に特化した会社でサービスを受けていれば、無駄な時間を費やすことはなかったと思っています。
全く違う分野に転職するのなら幅広く対応してくれる会社がいいのかもしれませんが、業界が絞れているならその業界に特化した人材紹介会社を選ぶべきです。
同業種あるいは同職種で転職するなら、自分の方が専門知識や業界・職種の実情がよく分かっています。
自分の話が相手に通じなければ、コンサルタントや営業を信頼できないでしょっ。

派遣会社の営業と派遣先に面談に行っても、営業の人は全然話についてこれないケースもありました。
うまくまとまれば結果オーライですが、1日潰して面談に行ってみたら求める人材が違っていたっていうこともありました。

業界に特化した人材紹介会社の場合、一般社員も含めて全員がその業界に敏感になってます。
問い合わせの電話ひとつをとってみても、スムーズに話が進むのではないでしょうか。
こういうのって重要ですよねっ。

自分の希望を実現する可能性の高い人材紹介会社を選んで、リベンジ転職を成功させてください。
ご健闘をお祈りします。

IT業界専門転職支援サービスのワークポート

▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン
関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。