寝ている時のカロリー消費+2006年5月23日体組成測定結果(健康)

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
今日は昼休憩に日経BPのサイトから得した気分になる情報を見つけちゃいました。
そのタイトルは、 『寝ている時のカロリー消費も見逃せません』(2006/05/23)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/kenkou/healthymeal_060523.html
就寝中に消費するカロリーの約18%は,骨格筋によって消費されるそうで、筋トレの大切さが分かります。
コラムのタイトルからするとコレで終わりなんですが、この後の内容がさらに興味深いんです。
  • 消化中もカロリー消費
    食後約1時間後がピーク
    朝食は昼以降に食べる食事よりも消化,吸収に使われるカロリー消費が高い
  • 食後の運動はカロリー消費を促進
    筋力トレーニングなど部分的にカラダを使う運動がよい
そして、前回のコラムも関連して興味深い。
『上手な食事方法を詳しく知ろう』(2006/05/16)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/kenkou/healthymeal_060516.html
空腹を感じ始める→血糖値が下がる→インシュリンが大量に分泌される
これが脂肪をつける原因となる。
よって血糖値が上がったり下がったりする差を小さくし、インシュリンの分泌量を少なくすれば、脂肪がつきにくくなる。
そのためには、バランスのよい食事を3~4時間おきとる。
あるいは、朝昼晩きちんとした食事をとり、カロリーオーバーにならないようにタンパク質の入った「バランス栄養食品」を間食としてとる。

空腹時間を短くする、すなわち辛くないダイエット。

今回取り上げたコラム2題、普段のパターンを少し変えるだけでムリせず生活に取り入れられる“ちょっとお得な”情報でした。

本日の体組成測定結果
  • 体重:54.50kg
  • 体脂肪率:13.0%(-標準)
  • 内蔵脂肪レベル:4
  • 基礎代謝:1290kcal/日
  • 体内年齢:20才
  • 筋肉量:44.9kg
  • 筋肉量スコア:-1(平均的)
  • 推定骨量:2.5kg
  • 体型判定:標準
測定条件
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキング [ランキングオンライン]
関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。