社内に「隠れニートを」作らないために(インタビュー記事)

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ニート世代の人事マネジメント』 (中央経済社)を執筆した寺崎文勝氏のインタビュー記事を読みました。
概要(nikkeibp.jp)
 社内に「隠れニートを」作らないために(提供 bp SPECIAL)
http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz06q2/504229/
詳細:(bp SPECIAL 「ITマネジメント」)
 社内に「隠れニート」を作らないために経営者がすべきこと
http://premium.nikkeibp.co.jp/itm/int/22/

これを読むと「職についている者には関係ない」とか「うちの家族にニートはいない」とか他人事ではいられません。
疲弊した管理職と昇進を望まない平社員。
うちの会社も危険です。
というか自分自身が社内ニート状態だったりして、ちょっと考えさせられました。

会社も危機感を持っているのか研修を企画する動きが活発になってきました。
そこで気になるのが、先週のコラム。
NBonline「教育嫌いが教育好きになる矛盾」(宋 文洲)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20060516/102184/
“現場”を知らない管理職に“現場”とか“改善”を振りかざされて心理的抵抗感が広がりつつあります。
なんかギスギスしてきました。
いい人なんですけど真面目過ぎて疲れます。

▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキング [ランキングオンライン]

関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。