ペット飼ってますぅ?

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
この春も再び戻ってきました。ノラ猫の一家が。
一年で春の滞在期間が一番長く、その次が秋です。
夏と冬は何処で過ごしてるのか分かりません。

うちの屋根裏や電気温水器の裏で生まれ育った猫が定期的に戻ってくるようです。

一時はフン害に母親はカリカリしてましたが、玄関先の芝生をはがしてから、トイレは別の場所になったようです。 猫って砂地にフン尿をするんじゃなかったっけ。朝寝ぼけたまま新聞を取りに出ると地雷を踏んでしまう危険がありました。 夜中か早朝に仕掛けていく巧妙な奴らです。

フン害は無くなりましたが、今年は例年になくパワフルになって帰ってきました。
2階のベランダや屋根の上にどんどん上がってくるは、屋根裏でプロレスごっこ?をするは、 軒先からクルマやガレージの屋根の上にドッタンバッタンとダイブするは、夜中に2階の窓をバンバンたたくという激しさです。 おまけに両隣の家の屋根に行くのも、うちが起点になってます。

そして遂に悲劇が訪れました。
近所の人が一匹をクルマで轢いちゃったんです。
一番精悍で鋭い(怖い)ミニチュアの黒豹のような母猫(お婆ちゃんかも)を。

ここ2、3日、猫の鳴き声を聞いていません。ちょっとさびしいかな。

飼っていなくても心に穴が空いたような気持ちになるんだから、毎日一緒に暮らしているペットと離れ離れになったらどうなることやら。
気持ちの問題ですが、こんなメモリアルグッズ があれば、いくらか癒されます。

病院等で長期療養中の家族の方や、進学、就職でひとり暮らしを始めたお子さん、結婚して独立したお子さんを元気づける贈り物としてピッタリです。
もちろん、学校にいるときも仕事に行っているときもペットと一緒の気持ちでいたいあなたにも。
出逢い・そして想い出に~ペットの足型メモリアル~

▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキング [ランキングオンライン]
関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。