2005年8月小太郎が買ったもの(1)

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
7月末にインターネットで中古車の見積もりを依頼して、
4日目には注文してました。
現物を見ないで決めちゃって大丈夫なのか・・・。
はじめは、新車のカーリースいいかもってな感じで資料を集めてたんだけど、必要書類の中に”保証人”というのを見つけてしまい、めんどくさそうなんでカーリースは止めました。 通勤、日常の足に保証人って。 ここで一度購入熱が冷めかけたけど、やっぱり車はほしい。でっ、手持ち資金で買える中古車検索。まずは、お付き合いのあるトヨタのGAZOOで検索。 相場を知るためだったんだけど見てるうちにほしくなっちゃって、そのまま在庫確認と購入に関する諸条件の確認依頼。1台は県外、もう1台は県内の同じ系列のお店。 このとき問い合わせた条件は「地元のお付き合いのあるディーラーで納車引渡しをしてもらいたい。」ということでした。県外のディーラーからは「直送しかできません。」という返事。 会社は違うけど、同じ系列のディーラーなのに・・・。こんなんで全国的なアフターサービスは大丈夫なんでしょうか。ただ、地元のディーラーにアフターを引き継いで貰いたいだけなのに。 見込み客の感情を逆なでするような、言葉足らずのお役所的回答。売る気がないんですね。もう1台は県内。お付き合いのあるディーラーの別営業所。う~ん、返事がこない。 基本的にこの会社はインターネットを使った販売に力を入れていないってことなんでしょうか。会社は力を入れてても、営業担当者の教育ができていない?どちらにしても駄目ですね。 逆にこれで購入意欲に火がつき、何が何でも買ってやる状態に。Goo-netで中古車探しの仕切りなおしです。匿名でオンライン一括見積もりもできるらしい。 車種も1台に絞込み、購入はメーカー系のディーラー、納車については前回と同じく地元のディーラーで引渡し希望。10店舗に一気に見積もり依頼しちゃいました。 さすがにこれだけの見積もり依頼を出すと、回答の速さ、丁寧さ等同じ会社の系列ディーラーでも差がでてきます。逆に少し冷静になれました。トヨタのときは、たまたま運悪く駄目な営業所にあたってしまっただけだと・・・。 ほとんどの見積もりは売約済みを含めて2日以内に回答がありました。地元のディーラーで納車、アフターの引き継ぎを行ってくれる営業所もいくつかありました。 その中で丁寧な見積書、回答をしてくれたところに、商談を進めたいとオンライン回答(連絡先公開)。翌日電話で在庫確認。 県外で現物を見ることができないので、見積もり書にかかれてた小キズ、タイヤの溝等外観、内装、エンジンルームのデジカメ写真をメールしてもらうことをお願いし、写真を確認するまでの3日間おさえといてもらうことにしました。 ディーラー車だし、社員が乗っていたということで丁寧に乗っていただろうと判断し、盛り上がった気分のまま契約を進めたのでした。 他県からの購入は、手続きとか追加費用とかめんどうなのかと思ってましたが、地元で購入するのとそんなに変わらないように感じました。 陸送、手続きを含めて既に全国販売のシステムができているんですね。契約、納車までの間も疑問点は随時メールで問い合わせ、都度丁寧な回答をいただきました。 お店では「売られる」と身構えてしまいますが、ネットだと冷静に好きな車の比較ができていいですね。 今回ちょっとだけヤキモキしたことがあります。契約から納車までの間にお盆休みが入ってしまったということです。陸送会社もお盆休みになり、盆明け後配車となってしまったことです。陸送を考えている方は要注意です。 契約から納車までの長かったこと。勢いあまって、この間にカーナビをネットで購入しちゃいました(この件はまたの機会に)。今この車は快調に走ってます。
ちなみに車は、スズキ自販関西で購入したシボレークルーズです。

【補足1】
当初地元のディーラーで引渡しを希望し、それも可能だったんだけど、営業担当車の対応で安心できたので、自宅直送で納車してもらいました。 アフターサービスが必要になったときに地元のディーラーに取り次いで貰うことになってます。
【補足2】
一括見積もりはcan-get
http://www.can-get.com/mpec/index.php 運営するのは株式会社エムペック。中古車情報誌「GOO」の発行元である株式会社プロトコーポレーションと、三井物産株式会社の合弁会社として設立された、インターネット上での自動車仲介サービス「can-get」を運営する会社です。
中古車さがしをしたのはGoo-net
http://www.goo-net.com/index.html
株式会社プロトコーポレーションがお届けするクルマ・ポータルサイトです。
goo-netから入っていって、いつのまにかcan-getになっていたので、ちょっと戸惑いました。アドレスを含め、goo-netのまま同じデザイン、インターフェースで見積もりができるほうがいいかなっと思いました。 会社情報を見ればcan-getの運営会社も分かりますが、Gooは知っててもcan-getは知らなかったので、はじめちょっと心配になりました。
【補足3】
can-getの見積もりはFAX画像の閲覧です。営業担当者の手書きだったので、丁寧さや思いやりが伝わってきます。
【補足4】
トヨタさんがんばってください。
ちなみに県内で問い合わせた方の回答は、2週間ほどたって売約済みの連絡がありました。
こんな対応じゃ売れないでしょう。いい車売ってんだから、今後の社員教育に期待。


スタッドレスタイヤの納品を待っている小太郎でした。
おしまい。

冬のドライブは誰と行く?
関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。