ネットオークション出品(ぐち日記?)

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
今月始めたこと。
例によって昼休憩に読んでいる日経のサイトをたどっていて見つけた記事に触発されて、不用品をネットオークションに出品してみました。
『藤井孝一「週末起業」のすすめ:第99回 ネットオークションで大成功するツワモノ』
( http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/members/COLUMN/20050124/105731/ )
4点落札されて売り上げは1万円ちょい。
はじめは買い取り専門店で引き取ってもらおうと考えていたのですが、 店頭で値踏みされるのが嫌なのと、 ネットで買い取ってもらう場合は住民票が必要ということで、 その手間がめんどくさいので、今回ネットオークションなるものに挑戦してみました。

きれいに写真を撮ったり、入札者が安心して応札でき、かつ、 取引のトラブルにならないような商品説明、取引条件の提示等結構気を使いますが、 出品回数を重ねればそれなりに慣れてきます。
ただ、取引条件の提示については、過去の経験を盛り込んでいくと、どんどんガチガチな文章に なっていき、入札する側に立つとちょっと引いてしまうかなって思うこともあります。

しかーし、出品者がどれだけ気を使おうと、入札者のレベル、人柄を選ぶことはできません。
最初の落札者は、システム関連の会社に勤めていた方らしく、こちらが示した取引手順も理解していただけて、スムーズに取引完了となりました。
2件目の方も一部取引条件の変更はありましたが、こちらが不利になる条件ではなかったので、すんなりと取引完了となりました。
スムーズに行ったのはここまでです。
3件目以降、特にトラブルにはなっているわけではありませんが、うまくコミュニケーションが取れず、苦労しています。
というかイライラしています。
その内の一件は、パソコンに不慣れなおじいちゃん。 一時はどうなるかと思いましたが、くどいくらいに細かく指示語を使わず書いた取引の流れを何通かメールした後、無事納品することが出来ました。 そして現在も継続中の女性。
なかなか連絡が取れません。
やっと連絡が取れたと思ったら「よろしくお願いします」というたった一行の返信。
こっちは「取引の流れ」「価格」「配送料」「配達日時」等々確認してほしい事項を提示しているのですが、 彼女から送られてきたメールは新規のメールとしてタイトルも全く違うものになっており、しかも、こちらの提示した内容が全く引用されていないので、 こちらが送ったメールを読んでいるのか、全てにおいて承認したのか、判断できません。
全てにおいて承認されたということで手続きを進めておりますが、ここ数日間彼女側の処理が止まっています。

たぶん、世間の多くは、このおじいちゃんや女性のような人たちで、特別な人でもなんでもないんでしょう。
頭では分かっていても相手にもきちっとした対応を期待してしまい、イライラが募ります。
まだまだ修行が足りんです。
こういうことも含めてネットオークションを楽しめるようにならなければ・・・

それにしても、この女性のようなメールは、やっぱりケータイメールから入ってきた人の傾向なんでしょうか?
仕事上でも取引業者とメールで確認を行う場合が多いのですが、 若い営業マンからのメールでは明確にしておかなければならない重要事項の抜けが多く、 あいまいな一言で結論づけたり、全て了解したような内容になっていたり。
いざ直接会って、詳細を詰めていくと、メールでの回答を否定しまくり、黙りこくってしまうかと思えば、半ば逆切れ状態に。
どうも取引相手に恵まれていないようです。

公私ともに、そういう人を前提に受け入れられる人間にならなければ。
日々反省です。

【参考情報】
●日経ベンチャー 経営者クラブ オンライン:http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/
 ◆藤井孝一「週末起業」のすすめ:http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/free/COLUMNTOP/20020618/101453/


記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]
関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。