野沢菜ちりめんと桜えびのチャーハン(グルメ)

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
今日のお昼に作って食べたもの&チャーハンの思い出。
今週の『ためしてガッテン』~一挙両得!意外な関係1おいしさ超UPの新法則~(2006年3月15日放送)の中で『チャーハンの鉄則』というコーナーがありました。 私はテレビを見ないので新聞のテレビ欄だけの情報です。久しくチャーハンを作っていなかったので、この時から今週末はチャーハンと決めていました。
材料(二人分)
●ご飯 茶碗2杯分
●卵 2個
●野沢菜ちりめん 大さじ2杯くらい:1パック298円
●干し桜えび 大さじ2杯くらい:1袋148円
●玉ねぎ 4分の1個
●青ねぎ 適量
●ミックスベジタブル 大さじ2杯くらい
●塩、胡椒、鶏がらスープの素(顆粒) 少々
●醤油 少々
●ごま油 適量(鍋に馴染む程度)
●かつお節 トッピング用にひとつまみ
※購入価格は小太郎の近所のスーパーの価格です。

作り方
1.玉ねぎ、青ねぎは細かくみじん切りしておきます。ミックスベジタブルはレンジでチン。
2.野沢菜ちりめんと干し桜えびをサッと乾煎りし、皿にあげておきます。
3.ご飯と卵をボールに入れてよく混ぜ混ぜしておきます。
4.熱したフライパンにごま油を入れ、鍋に馴染ませます。
5.卵ごはんをフライパンに入れ、パラパラになるまで炒めます。
6.野沢菜ちりめん、干し桜えび、玉ねぎ、青ねぎ、ミックスベジタブルを入れて炒め合わせます。
7.塩、胡椒、鶏がらスープの素で味を調え、最後に醤油を少しだけ鍋はだから回し入れ、サッと絡めます。
8.お皿に盛り付け、かつお節をちらしてできあがり。
ポイント
1.卵とご飯をはじめに混ぜ合わせておくことにより、卵に火が通るとご飯がパラパラになります。
2.具は少なめで、細かくみじん切りしておくと、すぐ火が通るので強火、短時間で調理できます。
3.初心者が家庭で作るには2人分くらいが限界(火力、技術、腕力)。短時間でできるから家族が多い場合も2回3回と分けて作るといいかも。たぶん、2回目、3回目と手際がよくなって早くなるはず。

ちなみに冷凍食品では、ニチレイの「本格炒め炒飯」が好きです。レンジでチンするだけで本格的なパラパラ炒飯がいただけます。 ( ニチレイ 冷凍食品
下手な中華料理店、ラーメン屋はコレを出してほしくらいです。

また、スーパーの中華惣菜では、西友成増店に入っていた中華惣菜屋さんが美味しかった。 確か裏の出口に近く、食品売り場の一番奥で、とんかつとか揚げ物の惣菜対面販売のお店と並んでいました。 ここの中華弁当は冷めても美味しかった。炒飯もパラパラで油っぽくなくおいしかった。お昼に買って、冬の台所で冷え切った中華弁当を夜食べても美味しかったです。 値段も他の惣菜コーナーとそんなに変わんなかったと思うけど、店内では目立たない場所だったので、それほど賑わっていないようでした。 今もあるといいなぁ。10年前の懐かしい思い出です。

記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]
関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。