『パケットゼロ』モニター

 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
先月の「フレッツ・光プレミアム」開通に合わせてNTT西日本広島支店で募集していた『ケータイパケットゼロモニター』に応募してたんだけど、 今日当選案内と『パケットゼロステーション』(写真の中の赤い装置)が送られてきました。
『パケットゼロ』というサービスは、『パケットゼロステーション』でNTTドコモの携帯電話とブロードバンド回線をつなぐことによりパケット通信料をゼロにするサービスです。
で、今日はファーストインプレッションです。
接続
1.パケットゼロの専用ケータイサイトから、iアプリ専用ブラウザの『パケットゼロブラウザ』をダウンロード
2.『パケットゼロステーション』とブロードバンドルータをLANケーブルで接続
3.『パケットゼロブラウザ』を起動し、『パケットゼロステーション』にかざしてメニューをピッ
たったこれだけ。
使用感
『パケットゼロステーション』と携帯電話は赤外線で通信するんですが、通信可能範囲が狭いです。 マニュアルでは上下左右15℃以内、距離30cm以内となってますが、もっと狭い感じがします。 小太郎の携帯はP900iですが、『パケットゼロステーション』の赤外線ポートから2~3cmくらいの距離にかざさないと「接続相手が見つかりません」となり接続できないことがあります。 NTT西日本広島支店では「Hiroshima FLET'S Club」のサービスのひとつとして個人向けに紹介されていますが、一方で同じ『パケットゼロステーション』を使ってホテルやカフェなどの事業所の集客並びにリピーター促進ツールとして展開を図っています。 公衆の場面を想定すれば、この通信可能範囲も納得できるのですが、家庭で使用するには、もう少し通信可能範囲を広げたほうがよいのではないでしょうか。 この仕様は部屋の中でも利用場所が限定されてしまうので、テレビのリモコンをイメージしていた小太郎には残念でした。
接続サイトは、いわゆる「勝手サイト」です。iモード公式の通販サイト、オークションサイト、音楽ダウンロードサイトが利用できるといいなって感じです。 今考えられる小太郎の利用シーンとしては、パソコンを立ち上げるほどではないけど、出勤前や就寝前にちょっと接続ってところでしょうか。 今まで「勝手サイト」を利用して来なかったので、その辺りの研究からスタートです。
携帯電話のメリットは、電波が届けば時間、場所に関係なくサービスが利用できることにあると思っているので、家庭では今のところあまり魅力を感じません。
ただ、ホテルやカフェなど家の外では、利用したいなぁと思います。
ホテル、駅、観光地で、観光案内や交通情報を調べたり、薄暗く不潔っぽい漫画喫茶やインターネットカフェには行きたくないけど普通のカフェでケイタイ小説やケイタイ漫画が読めたらいいなぁ。 新幹線の中もいいかも。
以上、小太郎のファーストインプレッションでした。

関連サイト:
NTT西日本広島支店 Hirosima FLET'S Club
NTTソルマーレ パケットゼロ

記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]
関連記事
Copyright © 2005 共感者を探せ! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。